トップページを表示します。
響についてご質問などもこちらから。
練習スケジュールです。
お付き合いのある団体のHPです。
昨年の定演の記録。Youtubeでご覧下さい。
練習風景を記録してます。
団員のつぶやきです。
申し訳ありませんが、メンバーオンリーです。

スマホサイトへ
2017年  Topics      


6月4日(日) 

定演まで5か月ということでそろそろ本格始動ということでしょうか、今日は久しぶりに40名参加で会
場は活況を呈していました。
特にドラ、セロはほぼ全員出席で低音系壮観でした。
2月に自転車で転び(強風と荷の積みすぎ)左鎖骨骨折で療養されていたセロのFさんが復帰。
お帰りなさい!未だ完治はしていないがリハビリを兼ねての参加ということでした。
教訓:風の強い日は自転車乗らない事!(特にご高齢の方要注意)

練習は先ずノリの良いハレルヤから。この曲は弾いていても軽快で気持ち良い。
次にアヴェマリア。スローテンポだけに余程表現に注意しないと、のんべんだらりとしたつまらない曲に
なってしまって難しい。
次はメインイベントの「木星」。とにかく難曲。テンポが速い上にハイポジ、同じパターンの繰り返しで
どこを弾いているのか迷子に(-_-;)
4:30 やっと終了、と思ったら『3部の体制でアンコールの練習』の無慈悲な?コール。
とてもハードな1日でした。         ------ bamboo


5月14日(日) 

靴問題を起こした張本人は、結局私でした。斎藤さんすみませんでした。
事件当日は、いつものように向かって一番左、上から3段目に入れ、更に完璧を目指すA型人間の私は、指差呼称をして確認と記憶とを頭に叩き込み、練習に励みまし
た。
帰りは記憶の通り定位置に手を伸ばし、そのまま靴を履き帰りましたが、私の甲高・幅広の足にピッタリフィットし全く違和感なしで、靴を間違えるなんて他人事でした。
再度(5/13)、美浜の練習で3時の一服から帰ると、私の定位置に同じような靴が置いてあり、全てを納得しました。
中国・韓国論法で言うと置き場を変えた人が悪い。私は悪くない、って言ってはいけません。間違えたのはやっぱり私です。
さて、この指差呼称を皆さんにぜひお薦めします。
脳細胞が極端に減っている私達のちょっとしたエラーが、これにより1/6に激減します。
ガス栓を指差し、声を出して “ガス栓ヨーシ”。
また家を出る時は “鍵ヨーシ”。“戸締りヨーシ”。
練習に行く時は “足台ヨーシ”。“譜面ヨーシ”。と何でも使えます。
声を出すとしっかり頭に残り忘れる事はありません。
お金が掛からず非常に便利ですよ。
あっ!斎藤さん靴を汚したままお返ししてしまい申し訳ありませんでした。
                   By  tanabe
<現場写真>

 <カゲの声> これにて一件落着!


5月7日(日) 

5カ月も休んでいたので、練習に参加してもうまくトレモロが繋がりませんでした、
やはり、健康で楽器が弾けると言うことは、幸せな事なのだとつくづく思いました、
でも、やはり演奏仲間はいいですね、皆歓迎してくれ、
「君が居ないと、響に来ても楽しくないよ!」
とまで言ってくれた人がいました、(感謝、感謝)
これから急いで追いつかなければ、大変だ!  佐倉の貴公子より




<カゲの声> 通称「佐倉の与太郎」で〜す。 ---bamboo
 


4月23日(日) 

練習お疲れさまでした。
今日は練習日和(!?)な快晴。
個人的にはようやくスギ花粉とお別れでき心も晴れやかでした。1年後の再会はどうにか避けられないものでしょうか…

まずは嬉しいニュースから。
マンドリンのMさんがおめでたとのことです!!  (イニシャルMの方々のニュースが続きますね)
おめでとうございます!!お身体大事になさってください。

さて練習はと言うと、ハレルヤで景気よく始まり、アベマリア。次はライフシンフォニーかなと思ったところでTさんからひと言
    「木星通します。」……
予告メールの「(時間が)余ったら…」の文章に油断し準備不足の僕はあえなく撃沈してしまいました。
 (すみません、次はちゃんとしますm(__)m)
そして最後にライフシンフォニーと充実のラインナップでした。
今日の格言のコーナー
『お客さんに音を届ける意識をもって練習すべし』
Tさんが学生の練習で「家族、友達、好きな人が客席で聴いている場面をイメージしながら弾いてみて」と指導したところ演奏がガラッと良くなったそう。(とりわけ学生さんについ
ては「好きな人に聴いてもらう」ことが最高のモチベーションになるのかなと、ちょっと邪推…笑)
普段の練習では楽譜を追いかけるのに精一杯になってしまうこともありますが、お客さんに聴かせることを第一に何をすべきか考えながら練習しなくてはと改めて感じました。「ち
ょっと大げさにする表現する」という話もそこに通じますね。・・・・・・by S木

     <カゲの声>
イニシャルMの方って、マンドリン独奏コンクールで全国大会出場を決めたとされる『まるニャん』さんのことではないですよね?(N記)

4月9日(日) 

今日は朝から雨。降ったり止んだりでした。
二ヶ月ぶりの参戦!練習場に入ると和やかなムード、楽しそうなおしゃべりの声の中に、笑い声もあり 響 いいですね!と久しぶりに思いました。
そしてうれしいお知らせ!banbooさんの復帰!納豆で直ったとは思えません。速弾きはドクターストップ といつものとおりの名調子でした。

さて練習ですが、本日は木星とポールモーリア全曲
いつものように キレッキレ とは行かず、「なんかもやもやしてるねー」、「疲れちゃった?」、「もっと出していいんですよ!」などなど
上手くはいかないものです。

木星はウん十年前の思い出が!
弱小吹奏楽部のチューバ吹きだった私は木星なんて大曲が出来るはずも無く、日々練習していたわけですが、ホルン2名、ユーフォニューム1名、チューバで、木星ごっこ・・・
で遊んでいたのです。体育館脇でホルンが吹き始めると合わせて部室前でユーフォとチューバが吹き始める、そうすると、いろんなとこから、クラだのフルートだのサックスだのが
聞こえ始めて結局大合奏!
結局一曲演奏してしまう。そういえばあの頃は暗譜してたなぁ・・・・だから今回マンドリンで、しかもローネで弾けて幸せです。
コピット会は7名参加。私は車の為お茶でしたが、酔拳の使い手K氏の
酔えば酔うほど強くなる!を素面で初めて観察できました。
そろそろ最高潮って言うときに、U宴会部長の「そろそろお開きにしようか」
の声。うまく出来てます。
各所に咲いてる桜を見ながら帰宅。ほどよい疲れでバタンQでした。乱文
失礼いたします。(鐘馗でした)

           ※本文とは無関係です。

<カゲの声>

 チューバかあ、やっぱり鐘馗さんには大きな楽器がお似合いかな?  ・・・・・・・・・・・・・・・・(bamboo)


3月19日(日)  春うらら

春分の日の前日、暖かくて天気は良かったものの、風も強くまた花粉も舞ってて、くしゃみで目が覚め、今年初めて練習に参加しました。
以下は北の旅人特派員による潜入(?)日記です。

本日の参加メンバーは34名(マンドリン13名、ドラ8名、セロ5名、ギター7名、そして指揮者タカノヴィンスキー氏)。
パートバランスはまずまず。
練習曲は、大(難)曲のライフシンフォニーと木星。(こんな日に参加出来て幸せだったかも。(^^ゞ )
実は、今日は大安でしたが、ギターパートにとっては昨日の仏滅を引きずったかのような前半から集中砲火を浴びることに・・・。
(夜のコピット会の取材で判明したのですが、基本練習の際に、指揮者から調子を聞かれたP子様が思わず”絶好調”と呟いたため、
その後の愛のムチにつながったとか。おかげで、他のパートはそれほどの試練に晒されずにすみました。(^^♪)
ライフでは、Allegro con brioを中心にリズム感、セーハ、音の確認等の集中指導が続きました。しかし、そこは百戦錬磨の皆様だけあり、
短時間でクリアされほどなく休憩で一息。
後半の木星も含めたパート全体への今日の氏の語録は、

一、メロディの間合い、スラーの流れ、表現が弱い。
一、メロディはしつこくしないでメリハリをつける。
一、フォルテとフォルテシモの違いが出ていない。
一、今いる人数の音が出ていない。もっと出るはず。出すところはもっとしっかり出す。


練習中に書いた自分のメモがあとから判読不能で、しかも後半は初参加なのに突然トップ席に座らされ、これも試練と受け入れたものの、髪の毛でなく、頭は真っ白、コメン
トどころではなくなり、レポートは尻すぼみで、これでオシマイ。
でも、コピット会は全部で10名が参加、何故かお酒が入ると異常にテンションが上がる方を中心に談論風発、心地よい疲れとともに楽しい夜は更けていきました。

早ければ今週末には桜も開花宣言となりそうですが、帰宅した自宅では一足早く
サクランボの花が満開でした。
もう一枚は、帰宅途中の新幹線からの、少し霞んだ富士山です。

最後に、春はまだ少し先で雪の残る北国で先週詠んだ一句。

春の月  残り雪にも  ほのかなり


では、特派員はまたしばらく旅に出ます。                     (どらおやじ)

<カゲの声>

 Aさん:「あの人誰?」
 Bさん:「あんまり見掛けないわねえ。」
 Cさん:「それにしては態度でかくねえ。」          ・・・・・・・・と言われぬよう、出席率上げて下さい。

 「あんたはどうなの?」
           いえ、その、私は公傷なもので・・・(-_-;)             ・・・・・・・・・(bamboo)


(まるニャん )

 bambooさん バネ指対策に関する?動画です。参考にして下さい。
マル先生に相談3
     
(注)「個人の感想であり、効果には個人差があります」
  何事もネバ?ギブアップが大事!


 納豆でバネ指治ったなんて話は聞いたことがない!リハビリに専念し復帰真近か?
 乞ご期待!
 1年半のブランク、弾けるかなあ?? (bamboo)

3月5日(日) 千葉文化センター
<宇宙 宗教>
壮大な宇宙のロマン、深い信仰に基づく宗教、本年の定演1部の3曲はこの両者への挑戦ですね。
人間の内なる世界と外なる世界の対比、素晴らしい曲構成と思いませんか。
風邪から完全復帰のマエストロ、前回練習の借りを倍返しするかの様な激しい指揮。
「木星」ではスタッカートのダメ出し再三再四。宇宙空間に放り出されたかと錯覚。休憩宣言にホッ。
かと思えば指揮棒を置いての「メサイア」。全体的に硬い、ギスギスしている、他パートを良く聴け、音楽を楽しめと矢継ぎ早の指示。指示に従い他パートを良く聴いて弾いて
みると格段の向上、当たり前の事だが合奏は聴いて弾いて楽しいが原点と改めて痛感。
「アヴェマリア」は五線紙上は易しいが演奏は難しい曲。トレモロと感じさせない綺麗なキメの細かいトレモロを求められ、自身のキメの粗さに自己嫌悪。これでは曲にならない
と猛省。
宗教曲2曲、「メサイア」は国王の前で演奏時、感動した国王が起立・拍手したので皆起立。以後英国ではこの曲演奏時起立とか。
「アヴェマリア」は以前知的障害者施設へのボランティア演奏時、ザワついていた入所者が急に静まり返りじっと静かに聴き入るのを見て、思わず涙した事のある心に染み入る
曲です。
定演時、観客がメサイアで起立し、アヴェマリアで膝まづいてお祈りするかって、それはナイナイ。
ところで、「なかなか超覚えにくい」さんの正式入団、T嬢(?)と小生にとって初めてのドラ後輩で嬉しい限り。学校・社会人団体で活躍されていた由、ドラにとって頼もしい存
在に。一緒に定演に向けて頑張り、楽しんでいきましょう。(S.S.記)


イラストをクリックすると別窓で音もでるムービー配信中!

<カゲの声>

         さすがSSさん年の功?教養あふれるコメントに感心しました。
         ところで2か月ほど前の「ららら♪クラシック」でアヴェマリア特集をやっていましたね。
         シューベルト、グノー、カッチーニのアヴェマリアと取り上げていましたが、実はカッチーニの作曲ではない、
         という疑惑?が披露されていました。 録画してありますので関心ある方はお申し出下さい。
         こちらは↓はっきりと断定しています。(bamboo)
               http://www.worldfolksong.com/classical/famous/caccini-ave-maria.html


2月26日(日) 成田山 新勝寺に行ってきました。

穏やかに晴れた日曜日とあって、参道は、参拝客がぎっしり!
境内はそれほどの混雑もなく、今年2度目の初詣をしてきました。

 


参拝を終えて、本堂から右
を見ると立派な桜が咲いていまし
た。
季節は確実に春に向かっているよう
です。


今回の成田詣の目的は、我らがイノシン画伯の「第13回  母と息子
の二人展」
がメイン。響に入団(入部?)4年にしてやっと行くことができ
ました。
いつも響で目にしているイノシンさんとは、ちょっと違うタッチを拝見してき
ました。例えば<十一面観音菩薩坐像>は、実際のジーンズをブリー
チアウトして菩薩像を浮き上らせた作品。ジーンズのビンテージ感が題
材と相まって迫力がありました。掲載の写真からはその質感は分からな
いと思いますので、是非実物をご覧になってください。


<十一面観音菩薩坐像>
ライフワークのちぎり絵では、一つ
一つ解説していただきましたが、
<並ぶ羅漢>の羅漢のゴツゴツ
した質感を和紙で見事に表現し
ていたのには驚きました。
2/27(月)はお休みで、
3/5(日)まで成田観光館
開催中です。
今日は日曜日でうなぎ屋さんはどこも混んでいて断念しました。近くによってカメラを向けながらニオイだけいただいてきました。
        (nino記)


2月19日(日) 千葉市文化センター 第1スタジオ


今日のタカノビッチは「風邪の又三郎」。
会社なら有休で済むのに(雨ニモ・・風邪ニモケズ)マスクしての出
勤です。(響ってかなりのブラック企業かも?)
感染を恐れたのか? ギター以外の出勤率は低調でした。
「ライフ・シンフォニー」の長い休符。数えるのが苦手な我々(落語の屋
台蕎麦屋「今 何どきだい?」)にとって難題ですが、途中から入るパー
トから数えれば意外と簡単でした。
(日頃の他パートとの信頼関係が大事だと実感しました)
「ハレルヤ」はトレモロの回数を揃える事と変に(演歌調?)歌わないよう
にとの事。又「アベマリア」の2ndの白丸音符は、他メロディーを聴いて気
持ちを合わせるようにと指示でした。二つの宗教音楽はもう完成したよう
です。1部の残り「木星」は最後の地獄の音符集団は撤去し、簡単な
別物に置き換えるとの発表が。この瞬間、指揮者と演奏者の気持ちが
初めて一体化した気がしました。
苦しそうだった「風邪の又三郎」。でも練習に手加減したのか? コピット会に出る余力はありました。
今日のコピット会での重大な決定。皆さん間違った時に一瞬隣を見てますよね。でも見られた方はたまりません。
今後 間違ったら「まるニャん」を見てください。タカノビッチも(私も)「あ?又やったな」と思うだけですので気にしなくて
結構です。最近 自分が間違った事自体わからなくなっているので良い刺激になります・・  (まるニャん)  
風邪の又三郎
数十年前の筆者→

<カゲの声>容姿は変貌しても性癖は何年経っても変わらぬようだ・・・(bamboo)
       『人柄は正気の時は特に静かでおとなしいが、一度アルコールが入ると本人も気づかぬままに醜態をさらす。この変貌ぶりに、
       お釈迦様も手をおやきになり、学生証と運転免許証を没収されたとか。』(某大マンドリンクラブの卒業定演パンフレットより)

<まるニャんの反論>bambooさんの<ハゲの声>は一部分の引用にとどまり、偏見と悪意に満ちたものであり到底容認できるものではありません。そこで、次の引用とそれに対する某女性団員の感想を掲載させていただきます。
   ・  『一女性に対する絶対的愛情で満たされており、邪心、野望その他一切含まれる余地がない。』
       (某大マンドリンクラブの卒業定演パンフレットより)
    (熊さんの感想)  初心を貫く人って、ス・テ・キ 

----------注)引用文中の「一女性」とはまるニャん氏の同級生であり、現在の奥さんのこと。

2月5日(日) 於美浜文化ホールリハーサル室

 本年最初の美浜での練習でした。
朝は太陽が出て好天でしたが、天気予報通り午後から小雨とな
りました
今日は2部のポールモーリアを全曲練習しました。
ポールモーリアは優美なサウンドで聞いていて気持ち良いので
すが、メロディー以外の部分でかなり複雑なパセージが出現し、
1曲の中に必ず各パートでその分担部分があって、そこを中心に
練習しました。
16分休符の後に8分、16分(んた〜た)と入ったり、付点16分、
32分、16分休符、16分(これで1拍、言葉で表現できず(-_-;))
リズムの取り方に苦労しました。
マエストロは原曲にはないところにも単調なので入れてみました、とご満悦。最後は指揮棒をスティックにしてリズムをとっての練
習になりました。右手と左手の動きが違うのですね(当たり前か) 
いやあ〜、恰好良かったです。思わず弾かずに見とれてしまいました。二郎さんみたい!の声も。(わかる人にはわかる)
珍しく15分くらい前に練習終了。
コピット会常任理事の例のギター流出事件のI氏、ローネのK氏お休みのため、最近「いいよ!」の声をきかないK氏が声を掛けま
くり10名(内女性4名)での反省会となりました。(bamboo)

1月12日(木)

暮れからアクシデントに見舞われ、晴れ晴れとは行かない新年を
迎えましたが、どうやら一件落着となり一安心したので、遅まきの
初詣ということで稲毛の浅間神社へ行きました。近くにありながら
初めて行ったのですが、境内はちらほらと参拝客がいるだけで、ち
ょっと期待はずれの感ありでしたが、またいつもの生活を送れるこ
とに感謝と、家内安全をしっかり祈願してきました。B子



1月12日(木)

遅ればせながら、初詣にいってきました。行き先は長生郡の笠森観音
です。
なぜここか?というと、東京駅京葉線通路に笠森観音の大きなポスタ
ーがあったから。
駐車場から見上げる長い石段に、ちょっと後悔の念が浮かびました
が、せっかく来たのだからと、自然林に囲まれた石段を頑張って上る
と、素晴らしい観音堂が見えてきました。国の重要文化財だそうです。
観音堂に行くのも、また長い階段を上らないといけませんが、行くだけ
の価値はある、素晴らしいところでした。足腰に自信のある方、ぜひ行
ってみて下さい。
今年の響は年頭からおめでたい事が続いてますが、我が家にも、夫
が新年コンペで優勝したり、麻雀で一人勝ちしたりと、ちょっとだけ良
い事が続いてます。(P子)

1月8日(日)

響にとって今年は春から縁起の良いことが続いています。
昨日の練習でドラのM嬢が練習の途中であでやかな着物姿で登
場、ご挨拶がありました。(お茶会があってその帰りだそうです)
おめでたで8月下旬の予定とのこと。
大事を取って響は当分の間お休みされます。

M嬢退席の後何とマンドリンの若手男性マンドリニストMさん宅に
1/1お嬢さん誕生ということが明らかになりました。
誰かさんと違って1週間後の練習に早くも参加されているM君に
皆から暖かい拍手が。
おめでたい話の連続で「木星」に苦しんでいた場の雰囲気が一挙
に和らぎました。
(だからといってその後手を緩めてはもらえませんでした(-_-;))
Mさん、Mさん重ね重ねおめでとうございます。


※湯島天満宮公式HPより

さて私の初詣ですが今年は1番上の孫が高校受験、次の孫が中学受験ということで湯島天神にお参りし合格祈願してきました。
昨年秋には福岡の大宰府天満宮に行ってお祓いを受けてきたので、あまり二股かけるのは如何なものかと思われましたが、受験校も二股も三股もかけているのだから、どこかに引っかかればという気持ちでお願いしてきました。
我が家のお正月は3月まで延期です。(bamboo)



みなさま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
と言っている時期ではないのですが、年頭のご挨拶がないのもなんなんで、トピックスの口火を切って投稿させていただきます。
(新管理人)

<雷門>


<仲見世商店街>


<浅草寺本堂>

1月2日(月・祝)

 初詣に行ってきました。例年は明治神宮でしたが、今年は浅草寺。雷門の前には約300mの行列ができていました。明治神宮に比べガヤガヤ感は150%くらいはあるでしょうか?
でもそれが正月らしくていいです。
雷門を抜けると仲見世商店街。明治神宮とはここが違います。

 
<あげまんじゅう>            <豆菓子>
何せ仲見世ですから、あげまんじゅうを買って食べたり、豆菓子を選んだり人形焼きをつまんだりと、飽きることはありません。
「あとでまた来よう!」などと考えてはいけません。かなり厳しい一通規制で、もう一度並ぶしかありません。
ちなみに、うちの家族は、あげまんじゅう、豆菓子、人形焼き、かわら煎餅などを買ったはずです。(他にも何か買い食いしていたかも知れませんが、この混雑で把握できてません。)

<伝法院前の商店街から「宝蔵門」を望む>
伝法院の前まで来ると「宝蔵門」が見えてきます。あれを抜ける
と本堂が見えてくるはず。

見えてきましたが、大渋滞。ここからは明治神宮も同じ、「ゴース
トップ」を繰り返すこと6回。この区間でやれることは「おみくじ」、と
煙のご利益。参道の右側に並んで進むと両方とも可能です。
浅草寺に来たら、この煙をたっぷり浴びて行って下さい。私は小
さいころ、よく祖母に連れられて、この「ケム」を頭になすりつけら
れたものです。(と云うことは、あまりご利益は・・・・)


響のさらなる発展と、家内安全・商売繁盛・世界平和・災難除守・大願成就。その他知ってる四字熟語を羅列して10円玉を投げ込みました。これで今年一年は無事に過ごすことができると思いましたが、「無病息災」を忘れてしまい、響の初練習を病欠することになってしまいました。ご迷惑をおかけしました。
暖かくなったらもう一度、今度は100円玉を握っておまえりに来ようかと思ってます。(N記)